第8回 中部JIADS・ESC合同特別講演会
包括歯科治療におけるチームワークの重要性
参加申し込み受付中!
 中部JIADSでは、これまで包括歯科治療の重要性を発信して来ましたが、今回第8回を迎える当会では、包括歯科治療の中でも特に基本中の基本ともいえる、「チームワーク医療の重要性」を皆さまと再考したいと考えます。
 チームワークとは歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・更には歯科医院を取り巻く外部の関係業者や、矯正・口腔外科などの専門医などとの有機的コラボレーションであり、まず初めに歯科医院全体のチームワーク機能を最適化させることが最も重要と思われます。スタッフ教育についても、院内ミーティングの充実など様々な取り組みが紹介されていますが、経営者側もその対応に苦慮するところです。当講演会では、包括歯科治療とはどの様にチームワーク・コラボレーションを行うか、そして真の成功を得るための具体的包括歯科治療の進め方について、是非とも皆さまと再考する機会にしたいと思います。
中部JIADS代表 佐分利 清信
牧江 寿子 先生 
(木原歯科医院 歯科衛生士)

「患者満足度アップの口腔ケア」
若井 友喜 先生 
(株式会社カリス 歯科技工士)
「デジタル時代における歯科技工士の役割
CADソフトを利用した包括歯科のシミュレーション」 
岡田 豊一 先生
(おかだ歯科医院)

「歯周組織の長期の安定を考慮した歯周矯正のクライテリアを考察する」
佐分利 清信 代表
(さぶり歯科)

「包括歯科治療とチームワークの重要性 」

日時:
2019年9月15日(日)AM9:30〜
9月14日(土)PM8:00〜 前夜祭開催

場所:
ウィンクあいち 大会議室 902
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
TEL(052)-571-6131
 (名古屋駅より徒歩3分)

受講料:
歯科医師 16,000円  (当日 18,000円)弁当代含む
衛生士・技工士 6,000円(当日 8,000円)弁当代含む